本文へスキップします。

【全:日】ロゴ
【全:日】ヘッタリンク
  • 標準
【全:日】サイト内検索
【全:日】多言語リンク
H1

お知らせ

【お知らせ:カテゴリーメニュー】
【日:タブ】お知らせ

2022.03.24お知らせ

ハイテク大型帆船で世界の海へ
風を船の推進力として活用するウインドチャレンジャープロジェクトに参加

2022年3月24日

PRESS RELEASE

ハイテク大型帆船で世界の海へ
風を船の推進力として活用するウインドチャレンジャープロジェクトに参加

東京計器株式会社(代表取締役社長執行役員:安藤 毅、本社:東京都大田区、以下「東京計器」)は、株式会社商船三井(代表取締役社長: 橋本 剛、本社:東京都港区、以下「商船三井」)と株式会社大島造船所(代表取締役社長:平賀英一、本社:長崎県西海市、以下「大島造船所」)が進める「ウインドチャレンジャープロジェクト(注)」に2014年10月より参加しており、当社の主力製品であるジャイロコンパスとオートパイロットを供給してエネルギー効率に優れた航海の実現に貢献しています。

このたび商船三井と大島造船所が共同開発している風力推進装置「ウインドチャレンジャー帆(硬翼帆)が完成し公開されました。この硬翼帆が風を受けることで船舶の推進力を発生し、帆1本で従来の同型船に比べて約5~8%の温室効果ガスの削減が見込まれています。海運業界全体の温室効果ガス排出量はドイツ1国分に相当すると言われており、ウインドチャレンジャープロジェクトによる高い削減効果は各方面から注目を集めています。

東京計器では、オートパイロットとジャイロコンパスを提供し、硬翼帆を使用した帆船に適した制御アルゴリズムの開発に貢献しています。帆船にとって推進力となる風は不可欠ですが、風向きによっては最適な航路を阻む要因にもなります。通常の船よりも風の影響を大きく受ける帆船の場合、的確に風を捉えながら外乱をより正確に推定し、舵を適切に制御しなければエネルギー効率に優れた航行は実現できません。 そこで、東京計器は、NCTeN(エヌシーテン)という新しい制御方式を開発しました。NCTeNは、計画航路、GPSからの位置情報、船首方位、船速などの航海データを用いて船体運動特性や外乱成分を推定し、風浪や波浪、潮流などの外乱を受けても無駄な舵を切らずに適切な航路を維持することが可能です。NCTeNには、東京計器がオートパイロットの開発で培ってきた高度なアダプティブ制御技術が活かされています。 東京計器は、NCTeNの技術を通常の商船向けオートパイロットにフィードバックし、より安全でエネルギー効率に優れ、温室効果ガス削減に貢献する製品開発に努めてまいります。


※左から、硬翼帆を搭載した貨物船(将来的な船への搭載イメージ)、公開された硬翼帆、ジャイロコンパス、オートパイロット

注:ウインドチャレンジャープロジェクト
2009年、ウインドチャレンジャープロジェクトは船舶における推進エネルギーのグリーン化をテーマに東京大学を中心とした産学共同研究としてスタートしました。風力という自然エネルギーを利用するため、省エネと温室効果ガス排出量削減の2つが同時に実現できるプロジェクトとして注目されています。2013年からは国土交通省による「次世代海洋関連技術研究開発費補助金」の交付対象事業の1つに選ばれ、東京計器は2014年から始まった第3フェーズから参加しています。2018年1月からは産学共同研究を引き継ぐ形で商船三井と大島造船所が中心となり「ウインドチャレンジャープロジェクト」を発足し研究を行っています。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

東京計器株式会社
〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46
コーポレート・コミュニケーション室
 TEL:03-3730-7013
お問い合わせフォーム

製品や技術的な内容に関するお問い合わせ先

東京計器株式会社
〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46
舶用機器システムカンパニー 営業部
 TEL:03-3737-8611
製品ページはこちら お問い合わせフォーム