本文へスキップします。

【全:日】ロゴ
【全:日】ヘッタリンク
  • 標準
【全:日】サイト内検索
【全:日】多言語リンク
H1

東京計器グループ DXの取り組み

コンテンツ

はじめに

当社グループは、DXの取り組みを推進すべく、IT投資と業務改革を包含したDXの基盤となる構想「東京計器ITグランドデザイン」を策定し、中長期的なIT投資計画を定めています。

トップメッセージ 「東京計器ITグランドデザイン」の策定にあたって

 

 東京計器グループは、125年の歴史の中で常に社会課題の解決に挑戦してまいりました。今後ますます進展するデジタル社会において飽くなき挑戦を続け、持続的に成長していくため、DXへの取り組みを推進します。

 「東京計器ITグランドデザイン」は、当社グループ全体のバリューチェーンの改革とIT投資計画を包含したDXの基盤となる構想です。

 この構想の実現によって、グループ全体の効率化・スピードアップを図り、競争力を強化していきます。また、データやデジタル技術を活用し、当社グループが培ってきた多様な資産と組み合わせることで、新たな価値を創出します。さらには、従業員の働きやすさの向上、多様な働き方の実現に取り組んでまいります。

DXの取り組み

代表取締役 社長執行役員 安藤 毅



東京計器ITグランドデザインのアプローチ

DXの基盤となる全体構想
中長期的なIT投資計画

 当社グループでは、DXの基盤となる全体構想策定にあたって、営業・技術・生産・サービスの付加価値を生み出す一連の業務プロセスをデマンドチェーン、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン、サービスチェーンからなるバリューチェーンとして整理しました。バリューチェーンに沿った業務改革を実行するだけではなく、そこで収集されるデータを経営判断、付加価値創出に有効活用していきます。
 また、当社グループ全体として東京計器ITグランドデザインを推進するための組織を整備しました。データ・デジタル技術を活用した事業を生み出すデジタル人財の育成・確保にも取り組んでいきます。あわせて、これらを実現するためのIT投資計画を策定しています。
 具体的には、下記に示す攻めのDX、守りのDX、そして全社的なデジタルマインドセット形成を実現していきます。
攻めのDX
  • データ・デジタル技術を活用した顧客エクスペリエンスの向上施策を支えるITシステムを構築
  • 自社IoTサイトを構築しPoCを実施
守りのDX
  • 未来予測型経営、データ駆動型経営へのシフト:基幹系システムを刷新し業務プロセスを最適化、データ収集のリアルタイム性を高め経営判断を迅速化、社内外のデータを有効活用し将来予測能力の向上を図る
  • 多様な働き方を支えるITインフラの構築
デジタルマインドセット形成
  • ビジョンの従業員への浸透-DXへの“飽くなき挑戦”
    • デジタル人財の増強と多様化
    • DX推進におけるKPIを詳細化
    • 挑戦を促進する人事制度の整備


バリューチェーン

  • 営業、技術、生産、サービスの一連の業務プロセスをデマンドチェーン、エンジニアリングチェーン、サプライチェーン、サービスチェーンからなるバリューチェーンとして定義しました。
  • バリューチェーン全体を最適化し、顧客のニーズをとらえ、付加価値を生み出す好循環を実現していきます。 
バリューチェーン


未来予測型経営

  • 経営指標をその先行指標である各職場のKPIへブレークダウンし、全従業員の活動が何らかの形で企業価値形成に関わっているということを可視化します。
    これはROIC経営におけるROICツリー展開の取り組みに該当します。
  • 先行指標を適時かつ正確に把握し、結果指標を予測してまいります。
未来予測型経営


東京計器ITグランドデザイン推進組織

東京計器ITグランドデザイン推進組織

社長室に情報企画部を新設し経営戦略と情報戦略のさらなる融合を図ります。
情報企画部とグループ会社の東京計器インフォメーションシステム㈱が協働し、IT投資計画の策定や基幹系システム刷新等の全社プロジェクトを統括します。



デジタル人財の育成・確保

  • データ・デジタル技術を活用した事業を創出すべく、ビジネスや市場トレンド等の幅広い知識、データサイエンスやAI、xR関連技術、プロジェクトマネジメント能力を持つ人財を育成します。
  • ノウハウを自前で作り上げるだけでなく、オープンイノベーションを推進し外部のデジタル人財を確保してまいります。


東京計器ビジョン2030に向けた基盤強化

  • 2021年度からの3年間は東京計器ビジョン2030に向けた基盤強化のフェーズに当たります。
  • 段階的な基幹系システム刷新や業務プロセス最適化に取り組み、DXの基盤を固めます。
東京計器ビジョン2030に向けた基盤強化