本文へスキップします。

【125th】東京計器の歴史 ページタイトル

History東京計器の歩み

【125th】ページリンク
【125th】第一期 PC

1896~1917年 近代化が進む日本と共に【和田計器製作所 時代】

1896(明治29)年、当社は日本初の計器工場「和田計器製作所」として産声を上げました。同年には第1回アテネオリンピックが開催され、1903年にはライト兄弟が初飛行に成功するなど、自由な文化と近代工業の発展に向けて世界が大きく動き出した時代でもありました。東京計器の挑戦の歴史はここから始まります。

 
 
 
 
【125th】第一期 SP

1896~1917年 近代化が進む日本と共に【和田計器製作所時代】

1896(明治29)年、当社は日本初の計器工場「和田計器製作所」として産声を上げました。同年には第1回アテネオリンピックが開催され、1903年にはライト兄弟が初飛行に成功するなど、自由な文化と近代工業の発展に向けて世界が大きく動き出した時代でもありました。東京計器の挑戦の歴史はここから始まります。

 
 
 
 
  • 1

    航空用磁気コンパス

    和田式圧力計

    1917 (大正6)年、当社は来るべき航空機の時代を予測して、航空用羅針儀(磁気コンパス)や傾斜計の製造にいちはやく着手しました。当時、磁気コンパスは航空機の方向を知る唯一かつ重要な航法装置でした。当社は、航海用磁気コンパスの開発で培った技術を基に極めて信頼性の高い製品を提供し、大正末期には毎年数百個を製造しました。

  • 2

    国産初の電気時計

    磁気羅針儀(磁気コンパス)

    1904(明治37)年、日本に電気が普及し始めた頃、当社は電気計器の研究を開始し、1913 (大正2)年に我が国初となる電気時計を開発しました。その精度は1昼夜で誤差1秒以内という当時としては非常に優れたものであり、新橋、東京、京都、門司、仙台などの主要駅をはじめ、東大安田講堂、新宿伊勢丹百貨店、その他多くの公共建築物にも取り付けられました。

  • 3

    「計器」の発祥となった和田式圧力計

    航空用磁気コンパス

    創業者の和田嘉衡が独自に国産化した圧力計は「和田式圧力計」と呼ばれ、舶用分野を中心に広く普及しました。圧力計の開発当時、Measuring Instrumentsに相当する日本語が無かったことから和田嘉衡が「計器」と創作し、その後一般名称化したことが「計器」の語源となったと言われています。当社は回転計、通信器、動力計、羅針儀、測深儀などの「計器」の国産化を次々と進め、日本の精密工業の発展に大きく寄与しました。

  • 4

    磁気羅針儀(磁気コンパス)

    電気時計を開発

    1901(明治34)年、当社は航海用磁気羅針儀の生産を開始し、舶用計器製造のパイオニアとして第一歩を踏み出しました。1905年の日露戦争(日本海海戦)で活躍した旗艦「三笠」にも当社の磁気羅針儀が搭載されていました。後に三笠を記念艦として保存することになった際、この磁気羅針儀は福岡県の宗像大社に奉納され、現在も保存展示されています。

【125th】第二期 PC

1917~1948年 激動する時代の中で【東京計器製作所 時代】

第一次世界大戦後の景気変動、関東大震災、その後の世界恐慌など、様々な苦難を乗り越えながら、当社は海外企業との技術提携を通じて優れた工業製品を次々と国産化していきます。

 
 
 
 
【125th】第二期 SP

1917~1948年 激動する時代の中で【東京計器製作所時代】

第一次世界大戦後の景気変動、関東大震災、その後の世界恐慌など、様々な苦難を乗り越えながら、当社は海外企業との技術提携を通じて優れた工業製品を次々と国産化していきます。

 
 
 
 
  • 1

    水平儀・定針儀

    水平儀、定針儀

    目覚ましい発展を遂げる日本の航空機の需要に応えるため、1931(昭和6)年に水平儀、1934(昭和9)年には定針儀などの航空計器を国産化しました。夜間や霧中などの状況でも機体の姿勢をパイロットに知らせる水平儀も、航空機の方位を指示する定針儀も、安全な飛行を確保するために欠くことのできない重要な航空計器でした。

  • 2

    精密機器メーカーが製造した圧力鍋

    精密機器メーカーが製造した圧力鍋

    1945(昭和20)年、太平洋戦争の空襲で本社工場は壊滅的な被害を受けました。本格的な生産開始までの期間、戦災を免れた生産機械を使用して鉛筆削りや圧力鍋などの日用製品の製造を開始。当時の圧力鍋は爆発事故が起きるなどの問題がありましたが、実用新案を取得した信頼性の高い当社の圧力鍋は好評を博し、「文化鍋」の商品名で、三越、松屋、松坂屋の有名百貨店で販売されました。

  • 3

    ジャイロコンパス

    ジャイロコンパス

    1918(大正7)年、当社は米国スペリー社と提携し、船舶用ジャイロコンパスの国内生産を開始しました。高速回転するコマの運動を利用するジャイロコンパスは、地磁気による偏差が無く高精度という特長を備え、磁気羅針儀に代わって、より精度の高い航海計器として普及していきました。以来、100年以上の長きに亘って当社のジャイロコンパスは進化を続け、現在も世界中の海で活躍しています。

  • 4

    火災探知機・消火器

    火災探知機・消火器

    この時代、人命や財産を奪う船舶の火災は、推進機関のディーゼル化に伴い、それまでの蒸気汽船で可能であった水蒸気消火が困難になっていました。当社は1926(大正15)年、米国ウォルター・キディ社と提携し、船舶用の火災探知器と消火装置の国産化に着手。船舶分野で培った消火設備のノウハウは現在のガス系消火設備に受け継がれており、工場施設やオフィスビル、美術館、博物館、立体駐車場などの防災に貢献しています。

【125th】モーダル
×