本文へスキップします。

H1

労働安全衛生

承認:エディタ

 従業員の安全と健康は、企業活動の基盤です。製造業として安全を第一とした操業を続けるためには、すべての従業員の心身の健康が重要な要素であるという認識のもと、安心して働ける職場を実現・維持できるように努めるとともに、 事故を発生させない作業環境づくりに継続的に取り組んでいます。

労働安全衛生の方針・体制

労働安全衛生方針
 当社は、安全確保が人間尊重の理念からすべての活動に優先するものであり、健康が企業活力の基本であると認識し、以下の定めに従い事業運営を行います。

  1. 職場における労働安全衛⽣に関する危険要因を除去し、快適な職場づくりに努め、⼼とからだの健康の保持増進を促進します。
  2. 労働安全衛⽣⽅針を含む安全衛⽣管理体制を構築し、適切性、妥当性、有効性を維持するため継続的に改善を⾏います。
  3. 労働安全衛⽣⽅針並びにその他必要事項を当社で働く全ての⼈に周知し、安全衛⽣意識の⾼揚をはかります。
  4. 安全衛⽣管理体制に関係する法規制や当社が同意した協定及び社内規程に定めた事項を遵守します。

労働安全衛生のための体制
 安全衛生管理体制は、各拠点で働く従業員からなる地区組織と、各地区をまとめる全社組織で構成されています(安全衛生組織図参照)。「全社安全衛生会議」は「全社安全衛生会議規程」に従って開催される会議で、会社側メンバーは人事総務部長、那須・矢板・佐野の各工場長、飯能・田沼の各事業所長、人事総務部総務課長で、同数の労働組合メンバー(通常は中央執行委員)からなります。原則として年 1 回開催され、安全衛生に関する規程の改廃検討をはじめ、同規程に記載された内容を審議しています。「全社安全衛生事務局連絡会議」は毎月、各地区の「安全衛生委員会」の前に開催される会議で、各地区の委員会事務局が集まり、それぞれの安全衛生委員会で議題にすべき内容や横通しが必要なもの、全社的な取り組み等を審議・情報交換する会議です。労働組合側の参加はありません。

安全衛生組織図

2020年度の労働災害
 2020 年度の労働災害件数は、業務災害は前年比で 2件減少し 7 件、通勤災害は前年比で 3 件減少し 11 件、交通事故は前年比で 3 件減少し 9 件でした。今後とも、労働災害発生防止に向け、工場や通勤途上での保安・防災を徹底し、安全の確保に努めていきます。

健康に関する考え方

 労働安全衛生方針にも明記されているように、私たちは、従業員一人ひとりの心身の健康こそが企業活動の基本であると認識しています。

具体的な取り組み
  • 健康管理についての取り組み
    従業員の健康の増進・維持のため、以下のような取り組みを行っています。
    • 社内食堂におけるメニューへのカロリーの表示および、 ヘルシーメニューの定期的な提供
    • インフルエンザ予防接種の実施
      全社的にインフルエンザ予防接種を推進しており、会社および健康保険組合が予防接種代金を補助しています。2020 年度は全従業員の 87.6% が接種を行いました。
  • メンタルヘルスについての取り組み
    産業保健師および人事総務担当者によるラインケア・セルフケア研修を行うとともに、従業員に対するストレスチェックとその結果のフィードバックを実施しています。2020 年度のストレスチェックは 1,915 人を対象に行われ、回答率は95.7%でした(分析対象人数1,833人)。