本文へスキップします。

【全:日】ロゴ
【全:日】ヘッタリンク
  • 標準
【全:日】サイト内検索
【全:日】多言語リンク
H1

環境方針

コンテンツ
東京計器は、計測,認識,制御といった人間の感覚の働きをエレクトロニクス技術で製品化することで社会に貢献してきました。
その事業活動にあたっては、従来から環境に十分配慮してきましたが、地球規模での環境保全の重要性を再認識し、さらに一歩進めて、“豊かな自然と限りある資源を次の世代に継承する”ため、技術的、経済的に可能な限り、全員参加のもと、環境の保全及び改善に取り組んで行きます。

  1. すべての事業活動及びお客様に提供する製品の製造、使用、廃棄の各段階において環境影響を評価し、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減、汚染の防止に努めます。 
  2. これらの取組みに対し環境目的・目標を定め、計画-実施-チェック-アクションの管理サイクルを確立し達成します。 
  3. 環境関連法令、条例、業界の行動規範及び地域社会との協定を遵守することはもとより、可能な限り自主的に管理基準を定め、これを維持管理します。 
  4. すべての従業員が参加する環境マネジメントシステムを構築し、監査及び見直しを通じ、システムの継続的な改善を行います。 
  5. 環境マネジメントシステムの理解と環境意識の高揚を図るため、すべての従業員に教育を行うとともに、関係会社、協力会社へも理解と協力を働きかけます。 
  6. この環境方針は、社外へ公表します。 

東京計器株式会社
取締役社長 脇 憲一



工場の環境方針及び環境マネジメントシステムの適用範囲

那須工場

□ 環境方針
  那須工場近傍の高野川流域の環境保護に努めます。

2016. 4 .22
那須地区環境責任者(執行役員) 種具 良治
□ 適用範囲
  右の認証証明書の範囲及び那須工場内の協力組織による支援サービス

矢板工場

□ 環境方針
 矢板工場は、東京計器が提供する商品の生産工場として、全社環境方針を継承すると共に、以下の環境方針を定めて、環境の保全及び改善に取り組んで行きます。
     
  1. 矢板工場は、すべての事業活動及びお客様に提供する商品の製造、使用、廃棄の各段階において環境影響を評価し、汚染の防止、気候変動の緩和、持続的な資源の利用に努めます。
  2.  
  3. 矢板工場は、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減の環境パフォーマンスを向上させるために、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。
  4.  
  5. 矢板工場に関係する環境関連法令、条例、業界の行動規範、地域社会との協定、及び利害関係者からの要望について、遵守すべき義務を特定し、これを遵守します。
  6.  
  7. 矢板工場の近隣地域の環境保全活動に積極的に参加します。
2018. 4 .1
東京計器株式会社 矢板工場 工場長 小林 忠雄
□ 適用範囲
 右の認証証明書の範囲及び矢板工場内の協力組織による支援サービス

佐野工場

□ 環境方針
 油圧制御システムカンパニーの事業活動にあたっては,従来から環境に十分配慮してきましたが,地球規模での環境保全の重要性を再認識し,さらに一歩進めて,“豊かな自然と限りある資源を次の世代に継承する”ため,技術的,経済的に可能な限り,全員参加のもと,環境の保全及び改善に取り組んで行きます。
     
  1. 製品の開発,生産,使用,廃棄などの各段階において,省資源,省エネルギー,環境汚染の防止に努めます。
  2.  
  3. 環境関連法令,条例,業界の行動規範及び地域社会との協定を遵守することはもとより,可能な限り自主的に管理基準を定め,これを維持管理します。
  4.  
  5. 佐野工場全ての従業員が参加する環境マネジメントシステムを構築し,監査及び見直しを通じ,システムの継続的な改善を行います。
  6.  
  7. 環境マネジメントシステムの理解と環境意識の高揚を図るため,佐野工場全ての従業員に教育を行うとともに,関係会社,協力会社へも理解と協力を働きかけます。
  8.  
  9. この佐野地区環境方針は,社外(工場外)へ公表します。

2013. 4 .1
東京計器株式会社 佐野地区環境責任者  手塚 秀利
□ 適用範囲
 右の認証証明書の範囲及び佐野工場内の協力組織による支援サービス