本文へスキップします。

【全:日】ロゴ
【全:日】ヘッタリンク
  • 標準
【全:日】サイト内検索
【全:日】多言語リンク
H1

東京計器の歴史 ストーリー

コンテンツ

日本の近代化の先鋒 ~海外技術の吸収と国内生産への道~

日本が欧米の文化や技術に触れ大きく変容する明治時代、東京計器は計器メーカーとしての産声を上げました。創業者の和田嘉衡はまだ日本語になかった英語の”measuring instruments”を「計器」と命名し社名に採り入れました。

草創期

 1896年(明治29年)5月、創業者の和田嘉衡が東京・小石川に「和田計器製作所」を創立。当時輸入品に頼っていた船舶機器の国産化を目指し、圧力計を始めとして回転計、通信器、動力計、羅針儀、測深儀等の計器製造の研究を始めました。1901 年(明治34年)に海軍の指定工場となり、航海計器製造のパイオニアとしての基礎を固めていきます。1902年(明治35年)には東京計器製作所に改組、1911年(明治44年)には和田計器研究所を設立し、我が国初の計器専門の研究所として計器工業の発展に寄与しました。

Column 航海計器メーカーの始祖となった磁気羅針儀

Column 創設者 和田嘉衡は「計器」の生みの親

Column 日本初となる電気時計を開発


写真左より
・和田式圧力計
・ハスラ式回転計

近代工業の幕開け

1917年(大正6年)、東京計器製作所を株式会社に改組、株式会社東京計器製作所を発足させ、機械的計器に加え電気的計器、光学的計器等の開発製造を加速させていきました(このうち、光学計器は日本光学工業株式会社(現株式会社ニコン)を設立後事業を移譲)。

航海計器製造の進展
この時代、当社は米国スぺリー社が開発したスぺリー式ジャイロコンパスの製造権及び販売権を取得し、磁気羅針儀に代わって、より精度の高いジャイロコンパスを我が国に広めていきました。さらに、スぺリー社が開発に成功したジャイロパイロットの我が国商船への導入も進めていきました。この装置は、ジャイロコンパスを基準として船舶を一定針路に自動保持するもので、現在のオートパイロットの始まりです。

Column 東京計器の基幹技術を培ってきたジャイロコンパス


写真左より
スぺリー式ジャイロコンパスV型
シングルユニット・ジャイロパイロット:操舵輪に直結して操舵員の代行をする方式


新たな分野の計器開発
一方、磁気羅針儀の技術を活かして、当社独自の航空計器や潜水艦用諸計器の開発製造に着手しました。航空計器としては、回転計、羅針儀、高圧計、傾斜計等を開発、その後改良を進めていきました。潜水艦用計器としては、一般船舶と同様の計器のほか、反映式磁気コンパス、電動測深儀、深度計等を開発製造していました。


写真左より
精密回転計
操縦用兼方位測定航空用羅針儀:パイロットの方位読取り、針路設定および方位測定が容易

消火設備事業の始まり
また、米国ウォルター・キディー社と火災探知機・消火器の販売権契約を結び、1936年(昭和11年)には国内汽船に装備、数年後には数百隻に搭載されるようになりました。
その後、陸上用として発電所にも設置され、現在の消火設備事業の礎を築きました。


Column 健康保険制度の認可第1号


写真左より
火災探知器、消火装置



承認:エディタ

国産技術の拡大と自社技術の開花 ~戦後復興から高度成長期へ~

第2次世界大戦後、本社工場(蒲田)はほとんど全焼の状態、さらに戦時中の軍納入品の未入金や軍需補償の請求権は取り消され、当社は存続の危機に陥りました。1948年、「企業再建整備法」により、それまでの株式会社東京計器製作所を解散。新たに株式会社東京計器製造所、および長野県に移していた圧力計関連の事業を引き継ぐ株式会社長野計器製作所(現長野計器株式会社)の二つの新会社が発足、別会社としての歩みを始めることになりました。これ以降、東京計器は海外企業との技術提携を積極的に進め、復興から発展への道を邁進していきます。

  Column 精密機器メーカーが作った圧力鍋


既存事業の製品拡大

1950年代後半(昭和30年代)、日本の経済水準は戦前を上回り好景気が本格化していきました。当社も新しい技術を武器に大きく飛躍するターニングポイントを迎えました。

航海計器
船舶事業では、当時の日本にはなかった小型かつ低価格のジャイロコンパスを開発、漁業の発展に大きく寄与しました。1985年(昭和60年)までの小型船用出荷台数は2万1千台余りとなり、世界のジャイロコンパス史上、1機種で断然トップの記録を達成しました。オートパイロットについても装備が簡単で低価格、メンテナンスも容易という新型を開発、現在のオートパイロットの原型となりました。


写真左より
Es型ジャイロコンパス
Es型ジャイロコンパスを搭載した北洋漁船

超音波探傷器
1950年代半ば、現在ほど非破壊検査が重視されていなかった時代にいち早く海外から技術導入して国産化していた超音波探傷器は、この後の日本の鉄鋼業の急伸と鋼材を大量に消費する造船業の拡大によって非破壊検査の必要性が認識され、需要が一気に拡大しました。さらに、製品の精密化とともに使用分野も広がり超音波市場を開拓していきました。同技術は後の超音波レール探傷車や超音波流量計の誕生に繋がっていきます。

Column 見えない超音波でレール内部の傷を見える化

Column 貴重な水資源の管理に貢献する超音波流量計


写真左より
スペリー式超音波探傷器
レール探傷車

油圧機器市場への参入

航海計器に使われていた油圧機器に着目した当社は、当時の油圧機器の世界トップメーカーの米国ビッカース社と1954年に製造販売契約を締結。産業機械に不可欠な油圧機器の国産化に至りました。政府の機械工業に対する諸施策も後押しして日本の機械工業の技術革新は一段と高まり、その機能部品としての油圧機器は需要が急増。基幹産業である鉄鋼をはじめ、造船、自動車、電気製品、建設機械などの発展に大きく寄与しました。
この頃、顧客向けに開設した油圧講習会「ハイドロリックスクール」は、現在も油圧制御システムカンパニーによって受け継がれています。


写真左より
ハイドロリックスクール(1956年頃)
ビッカース社による油圧工場視察(1956年頃)

高度成長期以降に続く...(更新予定)